トイレのつまり関連情報

HOMEトイレのメンテナンス方法

最終更新日:2017/10/03

トイレのメンテナンス方法

便器

家庭で毎日使う生活必需設備がトイレです。それだけに、不測のトイレトラブルだけは誰もが避けておきたい状況だと言えるでしょう。特に悪臭や水漏れに発展するトイレつまりなどは、日々のトイレに対するメンテナンス意識をしっかりしておくだけで未然に防ぐ事が可能です。
トイレつまりの原因としてよく起こりやすいのが、大量のトイレットペーパーを流した事によるパイプつまりです。いくら水に溶けるトイレットペーパーとは言え、一度に常識を超える量を流してしまう事は、トイレつまりの発生を確実に高めてしまう行為です。大人はもちろんそうですが、子供のいる家庭は日頃からペーパーの最適な量を子供にしつけておくようにしましょう。基本中の基本ですが、これだけでトイレつまりの発生率はかなり低く抑える事ができます。
トイレメンテナンスのもう一つが、各種トイレ周りのパーツ状況のチェックです。消耗品度の高いトイレタンクのパッキンなどは、摩耗してしまうと水漏れの引き金となってしまうので小まめに確認しておくようにして下さい。もしもパッキンが小さくなっているようであれば、自宅トイレに合っている型式の専用パッキンをホームセンターで購入すると良いでしょう。パッキンの取り付け交換は誰でも簡単にできるので、慌てずゆっくり交換作業を行ってみて下さい。
そしてトイレメンテナンスの基本中の基本であるのが、便器とトイレ全体の清掃です。「清掃」というのは物を綺麗にするだけでなく、その設備や道具の状態を確認する見回り的な意味も含まれているのです。トイレ清掃を通してパイプの老朽化などをチェックする事ができるので、早めの発見によりトイレトラブルを未然に防ぐ事へと繋がっていくのです。
特に最近ではトイレのパイプへ落とす化学薬品の存在は大きいと言えます。定期的にパイプに投入する事で、見えない部分のヘドロの蓄積を小規模の段階から除去する事ができるでしょう。一度投入をすれば一定時間勝手に堆積物を溶かしてくれるので、パイプ洗浄薬品の使用は仕事へ行く直前などに行うとスマートだと言えます。
人間の生活を支えているのが現代の高機能トイレの存在です。一度壊れてしまうと修理に手間とお金がかかってしまいますので、そうならないための日々のメンテナンスはしっかり行っておくのが基本です。併せて掃除をやっておけばトイレに対する価値の見直しにもなりますので、それぞれに合った方法で無理なくトイレメンテナンスを意識しておくのをオススメしておきます。

一覧はこちら

トイレのつまりランキング

TOP